読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人の目を意識する日常

街へ出て一人で食事をすることは、ほぼありません。

喫茶やラーメン屋、ファストフード店には、一人で入れません。

怖いから

あ、牛丼屋には辛うじて入れます。

 

どうしても、店員や他の客にジロジロ見られている気がします。

しかも、「あいつあんなもの食ってる」みたいに嘲笑されている気もする。

でも、他の人と一緒のときは、何とも思いません。

ファストフードも、ドライブスルーなら何の問題もない。

 

では、なぜ牛丼屋には普通に入れるのか?

これが自分にも分からない。不思議。

 

あと、本屋でも、

自分が手に取る本が他人にばれるという状況が恐ろしいので

(別に、いかがわしい本を手にしているというわけではありません。

「へえ、こいつこんな本見てるんだ、馬鹿じゃねえの?」

みたいに思われているような気がするので)、

そういう状況にならないように気をつけています。

 

こう文章にすると、大変生きづらそうな毎日に思われそうですが、

私にとっては、至って普通の日々です。