今更ながら気づいた数学の面白さ

学生の頃、とにかく数学が苦手でした。

完全に文系人間だった私は、理科もさることながら、

テストのたびに数学で華々しく火を噴いていました。

しかも、学年が上がるごとに、やってることの意味が分からなくなる。

「算数は生活に必要だが、数学は不要である」と考えていた私は、

「なぜ要らないもののために苦しまないといけないのか」と

恨みつらみやら怒りやらを抱えていました。

 

ところが、今の私は、

数学ってすごいじゃないか」と思っています。

なぜなら、数学は「全てが人間の作り出したもの」であり、

しかも「筋が通っている」と、今なら思えるからです。

もっとも、全てにおいて完璧に筋が通っているわけでもないのでしょうが、

数字にしても、図形にしても、

自然にあったものではなく、人間が生み出したものであって、

しかもそれが全世界で共有されているなんて、すごいことだと思います。

一つ一つ確実に積み重ねていく作業が素晴らしい。

ある問題に対していろんな解き方があり、しかもどの解き方でも同じ答えになる。

 

今、数学関係の本を見ていると、すごく面白いのです。

今ならベクトルも、微分積分も、やれば分かるかもって思う。

本当に分かるかどうかはともかくとして。

 

今数学を面白く感じるのは、

数学に対して気持ちに余裕があるからだと思います。

今はテストも受けなくていい。

分からないところで立ち止まってもいい。

この余裕が学生の頃にあれば、もう少しどうにかなったでしょうか。