読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥の名前をネットで検索する難しさ

ある朝、仕事に向かう私の前を、1羽の鳥が横切りました。

その鳥の歩くスピードが尋常ではない速さ。

でも、その鳥の名前が分かりません。

ネットなら名前が分かるだろうかと、試しに「鳥 スタスタ」で検索。

すると、その鳥はセキレイであることが分かりました。

 

またある日。

朝から凄まじい(さらに言えば汚い)声で鳴く鳥を発見。

やはり、その鳥の名前が分からないので、「鳥 ギョエー」で検索。

その鳥はムクドリだと分かりました。

 

ところが、別のある日。

姿は見えないものの、鳥の奇妙な鳴き声を聞いた私は、

その鳥の名前を調べようと、「鳥 ヘヒョヘ」で検索。

なんと、

「一致するウェブページは見つかりませんでした」とのつれない答え。

 

その鳥の名前は、後日たまたま見ていたテレビで知ることができました。

コジュケイでした。

コジュケイの鳴き声は「ちょっと来い」と聞こえるとのこと。

全然違う。検索しても分からないはずだ。

 

でも、私には「ヘヒョヘ」と聞こえるのだけれど。

一度「ヘヒョヘ」だと認識してしまうと、そのあと何度聞いても

「ヘヒョヘ」にしか聞こえない。

 

鳥の名前をネットで調べるとき、

写真や鳴き声のデータを入力して検索するわけではないので、

コジュケイの場合のように残念な結果に終わるのは、むしろ当然かも。

ならば、セキレイムクドリのケースは、ある意味奇跡的。

私と似た感覚の人が少しは存在することが証明されたようなものです。